結婚した時には

結婚する、子どもが生まれるなど、ライフステージに大きな変化があった時は、新たに加わった家族のために、保険による備えも考えるタイミングとなります。その内、結婚して、パートナーと新しい生活をスタートさせるにあたっては、2人で一緒に立てるライフプランの内容が重要な意味合いを持って来ます。例えば、欲しい子どもの人数やマイホームを購入する計画の有無など、きちんとしたプランを立てておけば、それに見合った保険のイメージも湧いてくるはずです。

結婚した時には、パートナーのことを考えて、お互いの加入している保険の保障内容を見直すことをおすすめします。例えば、保障金額や保険金の受取人、指定代理人の名義について見直しを行なっておくことが大切です。

一家の大黒柱である稼ぎ手は、自分にもしものことがあった時に、残された家族のことを考え、必要な保障の行なわれる保険を選ぶことが大事です。そのような場面では、子どもがいるか、パートナーの職業は何かという問題によって、必要となる死亡保障の金額が変わって来ます。また、妊娠したことをきっかけとして、保険に加入しようと考える人は意外に多いのですが、妊娠してからでは、加入できない保険もあるという点に注意する必要があります。
生命保険の無料相談などを利用してファイナンシャルプランナーの意見をあおぐと、より自分たちに最適な保障内容を見つけることができるでしょう。